【原作読破者視点】2020年版アニメ「ダイの大冒険」第1話感想

2020年10月12日

2020年版のアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の

第1話「小さな勇者ダイ」について、

原作読破者の視点での感想を紹介するページです。

 

**注意事項**

筆者は原作読破済みであるため、

感想には放送内容だけでなく、今後の展開についてもネタバレが大いに含まれます。

 

ネタバレしても構わないという、

人間

ドラゴン

魔族

そして竜の騎士の方のみ先にお進みください。

 

 

 

アニメオリジナルの冒頭部

ハドラーと対峙する若き日のアバンのシーンから第1話は始まりました。

無刀陣からのアバンストラッシュでハドラーを倒すアバン。

その様子を見つめるミストバーンとキルバーン

そしてバーン様。

 

場面は変わってソアラの死、人間への怒りを爆発させるバラン。

そして地図から消えるアルキード王国。

 

またシーンが変わり、デルムリン島に流れ着く赤ん坊のダイ。

かすれて読めなくなった「ディーノ」のネームプレート。

 

以上が第1話の冒頭部分です。これは原作にはないアニメオリジナルですね。

アバンがハドラーを倒すシーンはちゃんと無刀陣からのアバンストラッシュになっていて

原作を読んだ身としては嬉しい演出でした。

 

「死の淵からバーンの魔力によって救われた」とハドラー自身が言っていた事なので

当然、アバンとハドラーの対決はバーン達も知っていたと考えるのが自然ですし、

戦いの様子をリアルタイムで見ていたとしても不思議はないですね。

 

そしてダイの出自についても最後に少しだけ視聴者に情報を出す。

初見の人にも原作を知っている人にも嬉しい冒頭の「補完」演出だったのではないでしょうか。

原作の内容を変えている訳ではないので「改変」とは違うと思っています。

補完と改変は別物ですので。

 

ニセ勇者一行

ゴメちゃんを捕まえるためにデルムリン島を訪れるニセ勇者一行。

ニセ勇者達は、クロコダイン戦でのまぞっほによるポップへの鼓舞、

そして最終盤の黒のコア凍結で大活躍しますのでカットする訳にはいきませんね。

ダイの大冒険って読切も含めて無駄な話が無いのは凄いと思います。

 

あとスライムが可愛すぎる。家で一匹飼いたい。

 

船上での戦い

原作とは違い、ニセ勇者達と一緒にロモス王も船で

デルムリン島の近くまで出向いているという設定のようです。

ゴメちゃん奪還戦もロモス城ではなく船上で開始されます。

 

切り札の「金の筒」からデルパするドラゴン。

このゲーム準拠のドラゴンのポーズと角度、

「製作者、分かってんな」と個人的に感心しました。

そしてキングスライムに潰されるでろりんとずるぼん。

原作ではドラクエ4のモンスターが「魔界のモンスター」として

金の筒から出てニセ勇者達を倒す内容でした。

 

当時はドラクエ3が最新作の時代でしたからそれでも良かったですが、

時代は進み今ではドラクエ11が最新作。

今更ドラクエ4のモンスターを出しても意外性に欠けますので

これはこれで良い改変だったと個人手には思いました。

 

覇者の冠を授かるダイ

超重要アイテムである「覇者の冠」。

ダイはそのまま船上でロモス王から授かります。

 

後の「ダイの剣」の材料であるオリハルコンとして使われる冠ですが、

読み切りに登場したアイテムを本編でのキーアイテムとして使うという

アイディアはなかなか粋な計らいだなぁ、と原作を読んでいた当時に思いました。

 

そして3ヶ月にレオナ一行がデルムリン島を訪れたところで第1話は終わりました。

 

ドラクエのBGMが使われていない点について

2020年版アニメでは今のところ、原作ゲームのドラクエBGMは一切使われていません。

旧作の1991年版アニメではドラクエのBGMがこれでもかというくらい使用されていたので、

旧作と比較すると新作はBGMの面で「物足りない」という意見もあるようです。

 

その意見は痛いほどよく分かります。

ドラクエが原作のアニメで、作中でゲームのBGMが流れるだけでテンション上がりますからね。

確かにドラクエのBGMが無いのは残念です。残念ですが、

個人的には29年も経った後に新作としてリメイクしてくれただけでもう満足です。

 

だって「もうアニメで見ることはないんだろうなぁ…」と思っていた、

バラン戦、超魔生物ハドラー戦、そして大魔王バーン戦を

アニメで見ることができる可能性が出てきた訳ですから…。

 

だから贅沢は言わないので、とにかく、今度こそ鬼眼王バーン戦まで放送しきって欲しい。

それだけです。

 

それにしても、旧作は初期のキラーマシン戦でもゾーマのBGMとかバリバリ流れてたりして

ジャンプの黄金時代を感じさせる力の入れようと金のかかり方を感じました。

 

まとめ

アニメオリジナルの冒頭部分といい、ニセ勇者達の登場という必須要素を活かしつつ

話を1話内に収まるようコンパクトにまとめてあり好感を持てる内容でした。

未アニメ化部分であるバラン戦を早く見てみたいので、

今回の様に新規勢がついていける範囲内でサクサク話が進むのはありがたいです。

ドラクエのBGMが使用されないのは残念ですが、

個人的には新作としてリメイクしてくれただけで満足です。

第2話の放送が待ち遠しいですね。

 

【おまけ】第1話で登場した呪文

メラ

ドラクエで初期から使える呪文として定番な火炎呪文。

実際のゲーム中では敵一体に10ポイント程度のダメージしか与えないため

第1話で、でろりんがキメラやあばれザルをメラ一発で倒してるシーンを見て

「メラのくせに強すぎじゃね?」と思った視聴者も多いと思うが、

魔王の邪気から解放された分、モンスターの能力自体も大幅に弱体化していると

個人的には納得するようにしている。

だが、ダイがロモス場内でメラを唱えて床に大穴を開ける原作シーンは

今でも演出過多だと思っている。

 

バギ

初級の真空系呪文。主に回復役の僧侶系キャラが使用する攻撃呪文。

敵グループを攻撃できるため序盤ではそれなりに有用な場合が多い。

ちなみにドラクエ2におけるムーンブルクの王女は

このバギを覚えてからようやくまともに使えるレベルになる。

 

イオラ

中級の爆裂系呪文。

実際のゲーム内では敵全体に60ポイントのダメージを与えるなかなか有用な呪文。

一部のプレイヤーの中では

「イオラを覚えるぐらいの頃がドラクエで一番面白い」

「ロマリアにたどり着く頃にイオラをぶっ放すような石橋を叩いて渡るプレイスタイルが好き」

という声もあるように、シリーズを通してゲーム中盤の代表する呪文である。

イオラが使える時点で、でろりんもそれなりの実力者であると思われる。

少なくともデルムリン島を訪れた際のポップですらイオラを唱えることはできない。

 

ヒャド

初級の氷系呪文。

ドラクエ3では敵一体に30ポイントのダメージを与える攻撃呪文で

序盤にしてはなかなか強い呪文だったのだが、

次回作のドラクエ4では敵一体に10ポイントのダメージを与える

メラと同列の呪文に格下げされ、当時の筆者はそれに深い悲しみを覚えた記憶がある。

第1話でまぞっほは一貫してヒャドを使っているが、これは最終盤の

黒のコア凍結に向けた布石として敢えてヒャドを使わせているとしたら

嬉しい演出である。

 

【ネタバレあり】2020年版アニメ「ダイの大冒険」第2話感想

 

↓今回のアニメ第1話の内容が含まれる原作本巻数はこちら↓