PING値確認ページ

筆者の環境からGoogleDNS(8.8.8.8)へPINGをうった際の

PING値をグラフ化したものを公開しているページです。

グラフの種類

・IPv4 PPPoE環境(広く普及しているタイプ)

・IPv6 IPoE + DS-Lite(それほど普及してないタイプ)

以上2種類のグラフを用意しています。

なお、グラフはだいたい5分~10分間隔で更新されます。ブラウザの更新ボタンを押してみてください。

 

IPv4 PPPoE PING値グラフ

グラフの縦軸がPING値を示しており縦軸に伸びるほどPING値が高い=ラグくなります。

 

IPv6 IPoE + DS-Lite PING値グラフ

グラフの縦軸がPING値を示しており縦軸に伸びるほどPING値が高い=ラグくなります。

 

測定している環境

回線 フレッツ光
プロバイダ IIJmio
方式

IPv6 IPoE + DS-LiteとIPv4 PPPoEの併用

IPv6 IPoE + DS-Liteをメインで使用

場所 東京都

Posted by hexenschuss