グラップラーFF14 その1

2018年10月3日

以前ロードストーンの日記に載せていたネタ。

新しく思いついたものも気が向いたら載せていく。

 

戦士「気楽なもんだぜ DPSなんてものはよォ。
相手の技を自由に避けていいなんてよォ タンクに言わせりゃ夢のようなハナシだぜ」

リューサン「な、何を言っていやがるんだアイツ‥」

ナイト「クスッ、そこまで言うか、戦士」

戦士「たとえ250トンのキングベヒんもスがフライング・ボディプレスを仕掛けてきても
タンクは避けないッッ 相手の技は全て受けきるッ」

戦士「相手がどんな殺人技を仕掛けてきても、俺たちゃ瞬時に覚悟をキメる!」

戦士「そのダメージに負けないだけの量の覚悟をな。その量を見誤ると天国(あの世)行きだ‥」

 

タンク「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」

タンク「どうだい坊や。楽しいだろ、タンクは」

DPS「…誰が、タンクなんか、やるかよッッ!」

—–

吉田P/D「ちなみにですが、現在エオルゼアは剣術士と、斧術士がやや不足しているようです。」