PS4 Proでロード時間を短くする方法を紹介します

2018年10月24日

PS4 Proのロード時間を短くする方法を紹介する記事です。

PS4ノーマル(無印)は検証の対象外となりますのでご注意ください。

 

ロード時間を短くするには

ストレージ(記憶媒体)をSSD(ソリッドステートドライブ)に変更することが最も効果的です。

買った時についてくるHDD(ハードディスクドライブ)ではPS4 Proの持っている

ストレージ速度を充分に活かすことができません。

 

SSDは内蔵がいいの?それとも外付け?

SSDに変更する場合、内蔵タイプと外付けタイプのどちらが良いのかという疑問があるかと思いますが、

まずは以下のPS4 Proストレージ関連の機器仕様をご覧ください。

 

  規格 理論上の転送速度上限
内蔵ストレージ SATA3 600MB/s
外付けストレージ USB3.1 Gen1 500MB/s

転送速度が速いほどロード時間が短くなる、と考えてもらって構いません。

従ってPS4 Proの場合は、内蔵タイプのSSDが一番速い=ロード時間が短い、という事になります……が、

私は外付けSSDの方をオススメします。

 

外付けSSDをオススメする理由

理由は単純で、外付けSSDの方が手間がかからないし、

速度も内蔵には理論値で劣りますがそれでもロード短縮の効果を充分に実感できるからです。

 

内蔵ストレージをSSDに交換した場合、PS4のオペレーションシステム(OS)も新規でインストールするか、

もしくはPS4が持っているバックアップ機能を使ってデータを移行する必要があります。

しかしこれがメチャクチャ手間と時間がかかりますので、個人的にはオススメしません。

私の体験上、新規インストールや移行作業だけで半日~1日潰れると思ってもらってよいです。

 

その点、外付けSSDであればUSBポートに接続してPS4 Proに認識させたら、

内蔵ストレージに格納されているゲームデータをSSDに移すだけで終わりです。メチャクチャ簡単です。

値段も内蔵タイプ・外付けタイプで大差はありません。

対象のゲームを選択して「拡張ストレージへ移動する」を実行すればSSDへ簡単にゲームを移動できる。

SSDを選ぶ時の注意

PS4 ProでSSDを使う場合、以下の制限がありますので選ぶ際には注意してください。

1.ストレージの記憶容量は250GB以上,8TB以下

2.USB3.0に対応したもの

3.PS4 Proに直接接続していること(USBハブは不可)

特に1番目は要注意です。「安いから」と言って128GBのSSDとかを買うとPS4 Proでは使えません。

 

なお候補になるSSDはいろいろ製品が出ていて「PS4 SSD」でググればいくらで事例が出てきます。

ちなみに私が使用しているのは「Samsung T5 1TB MU-PA1T0B/IT」です。

 

実際のロード時間を比較した動画

実際に外付けSSDと内蔵SSHDでのロード時間を比較した動画を紹介します。

上が最近(2020年)にモンハンワールドアイスボーンで検証した動画、

下が2018年当時にアサシンクリードオデッセイで検証した動画です。

いずれも外付けSSDの方がロード時間が短くなりました。特にモンハンは50秒近く短縮しています。

 

まとめ

・PS4 Proのロード時間を短くするならストレージをSSDに変える。

・内蔵よりも外付けSSDが手間もかからずオススメ。値段も性能も内蔵と大差なし。

・変更後いずれのケースでもロード時間の短縮を確認。特にモンハンでは50秒近く短縮される。

・PS4 ProでSSDを使う場合の仕様に注意。特に容量制限。

以前とは異なり、SSDも値段が下がりかなりお求めやすくなっています。

快適なゲームライフのためにもPS4 Proユーザーの方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。